読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ruby (on Rails)入門 ~現在、勉強中(2015年6月開始)~

Ruby、Ruby on Railsを勉強中。参考書を読んだり、ネット情報を読むだけでは忘れてしまうのでメモする。

【Ruby (on Rails)入門メモ#?】キーワード引数を使ったメソッド

キーワード引数を使うとメソッドを定義したときの順番・個数で
引数を指定する必要は無くなる。

[定義]
def メソッド名(引数1の名前: 引数1のデフォルト値, 引数2の名前: 引数2のデフォルト値, ・・・, 引数nの名前: 引数nのデフォルト値)
処理
end

メソッドに指定する引数の順番を変える

##メソッドに指定する引数の順番を変える
def say(first: "ガッキー", second: "ささきき", third: "まぎー")
    puts "first: " + first
    puts "second: " + second
    puts "third: " + third
end

#メソッドの実行
say(second:"ももくろ", first: "AKB", third: "乃木坂")

■定義に存在しない引数を指定する場合
※基本、定義に存在しない引数を指定するとエラーになる

・定義に存在しない引数を指定する場合
「**変数名」を使用する

#定義に存在しない引数を指定する場合
def sayHello(first: "ガッキー", second: "ささきき", third: "まぎー", **etc)
    puts "first: " + first + "さん、こんにちは"
    puts "second: " + second + "さん、こんにちは"
    puts "third: " + third + "さん、こんにちは"

    puts etc  #ハッシュオブジェクトとして受け取れる
end

#メソッドの実行
sayHello(forth:"ハロプロ")


■勉強で使用中書籍
・他のプログラミング言語を使える人向け。[現在使用中]
プログラミング初心者には向かない。

・たのしいRubyを読み終えたら勉強するつもり

初めてのRuby

初めてのRuby

Railsを勉強するなら、まずはこれがいいらしい

RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発 第4版

RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発 第4版